スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らは、この寒空の下でつながっているんだ。

こんばんは。コータスです。

先日、岡山大学演劇部2017年冬公演「贋作マクベス」が終了しました。ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

千秋楽から1週間が経ちまして、ようやく僕の中でも、終わったんだなと段々と納得できるようになってきましたので、今書いています。

今回いろいろなことがありましたが、いろいろありすぎたのではしょって言いますと、くそ大変でした。そして、くそ楽しかったです。んーほんとはいろいろはじめから思い出を語る形式の文章を考えていたのですが、なんとなく腑に落ちなかったので、自分の中で納得がいくまでは、このブログは書くまいと思っていました。1週間いろいろ自由に過ごしまして、出した答えがこれですね。くそ大変で、くそ楽しかった。これにつきます。

さてさてもう何もかも終わりましたので、演出としての僕は早く去りたいというか休みたいのですが、今回の「贋作マクベス」について、少しだけ話したいですかねえ。

今回僕が演出としてしたかったことは、『クソみてえなものをつくる』ということでした。それだけを目指してきました。部活として全体がうまくいくようにとか、皆が楽しくなるようにとか、なんか素晴らしいいいものを作りたいとかではなくて、ただただ、クソみてえなものがつくりたかったんですよねえ。

なにいってんだこいつと思うかもしれませんが、僕は本気でこれを考えていました。めちゃくちゃ頑張って、めちゃくちゃにクソみてえなものをつくろうと頑張れば、くそおもしろいんじゃないかなって思ったんですね。なんか同じこと言ってますね。

ちょっと嘘っぽいことというか、後付けみたいなことも言ってしまうと、僕は、演劇の、たのしいところが、なんかつまらんねって思ってました。たのしいことを、たのしくないことを、すごくたのしそうに、たのしくなるようにして、みせることは、なんというかずるいなって思ってました。いや、それってめちゃくちゃ楽しいんですけどね。なんつうか、ずるだなって、おもってました。

たのしそうにすりゃあ、そりゃなんでもたのしいよねっていうか、おまえそれたのしいことばっかみててたのしいか?って言いたくなっちゃうんですよね。意味分かんないと思いますけど。それってくそつまらんなって。

だから僕は、あえてクソみてえなクソつまらんものをつくって、それをみんなに見て貰いたかったんですよね。おらお前ら、これが現実だぜ、くそつまんねえだろって。でもくそおもしれえだろって。

現実はクソつまらなくて、演劇というか虚構の創作の世界はおもしろい。みたいな構図。だからみんなたまには創作の世界に酔いしれようみたいな。そういう雰囲気がむかつくなって思ってました。

おいこらクソ野郎ども、現実もおもしれえことめたくそあるだろうが、てめえらがよく見てないだけで、見ようとしてないだけで、ちゃんと見れば、現実もくそおもしれえことばっかりで、クソ面白くねえことばっかりだ。おらどうだ、現実はくそつまんなくてくそおもしれえだろうがって、そう言いたかったんですよね。

なんですが、僕もてきとうなので、最初はそれに向かって頑張ってたんですが、実際は僕はただの部員の一人なわけで。団体として、団体をうまく回してかなきゃいけなくて。みんながたのしくいれるように、がんばらなきゃいけないわけで。僕個人のワガママをごり押し続けるのはどうかなっていうか、壁がたくさんいろいろありすぎて途中で疲れました。やってられんわこんなもんって思いました。

なので、そっからはまあてきとうに。みんなが頑張るのに合わせて、僕も頑張りました。いいものを、おもしろくて劇的なものを作ろうと尽力しました。めたくそにがんばって、そのおかげでものすごくおもしろくてものすごくすげえものができて、僕自身、ほんとに、嘘じゃなく、めちゃくちゃ満足しています。満足していますって言ったらなんかえらそうでおこがましいんですけど、みんなめちゃくちゃすごくて、ありがたかったです。ほんとまじで、まじで、みんなががんばったおかげでこの公演は完成することができたなって、まじで思います。みんなすげえよ!おつまじおつ!

ってなかんじで、まあ当初の僕の目的は果たせませんでしたが、これはこれで、というか、これがよかったなって、今では思います。すげえたのしかったです。ほんとありがとうございました。みんながいるこの岡大演劇部で、演出をすることができて、まじでよかったです。くそ幸せで、ほんと恵まれてました。まじでありがとうみんなありがとう。ほんとみんなおつかれさま。まじでゆっくり休んでくれ。

とはいえ、僕もくそほど頑張ったので、くそほど疲れました。もう二度とやりたくないです(笑)とか言って、わからんですけどね。ほんと、なにがあるかわからない。だからおもしろいって、まじおもいます。ね。

というわけで、ご協力いただいたみなみなさま、ほんとありがとうございました。おつかれさまでした。

僕はしばらく休みます。僕まじおつかれ。僕まじでがんばった。僕最強!

それではまたいつか。ばいば~い

スポンサーサイト

嫌いじゃないよ

どーもー、お久しぶりの方はお久しぶりです
はじめましての方ははじめまして
くわにゃんです

終わっちゃいました、冬公演
振り返ればあんなことやこんなこと、いろいろありました。

3年と6か月振りに舞台に帰ってきて
人生初の主役、楽しくて
全力で向き合って
この『贋作マクベス』を演じ切りました

とりあえず疲れたので僕は冬眠に入ります
次に起きるのは春かな、それとももっと遠い、、、なんてね

さて、しりとりです
前回ヨリ子が「トナカイ」でしたね
「い」かぁ。。。
「伊勢物語」で
古典の物語で僕のお気に入り1,2を争う作品です

以上、くわにゃんでした
またどこかでお会いしましょう

今日のブログは、私です、私!

私です。
まっくすです。
冬公演期間2度目のブログですよ。よろしくお願いします。

冬公演、いよいよ明日で千秋楽となります。
今回、どう言えばいいんでしょうか……なんというか、なかなか全体の雰囲気を掴むのが難しかったり、自分の不得意分野に直面したりという感じでした。
悔しかったり、クソおぉと思ったり、うわあああぃと思ったり、そうこうしているうちにいつの間にか本荘……何度ここのブログで「光陰矢の如し」と書いたでしょうか。前回も書きましたし、夏公演の時も書いちゃってますねー。もしかしたら本番前のブログでこれからも毎回書くかも知れませんね。書いてたら「また書いとるわこいつ~~~」と思っておいてやってください!笑

長いような短いような、そんな稽古の日々でした。悩みながらも歩いてきたその中で出会った役とお別れすると思うと、やはり寂しいものですね。稽古を重ねる中で、役や劇そのものへの愛着が強まるのが嬉しい反面、最後が悲しいですよね~。でも、きっとこういう悲しみは単なる感情ではなく成長の糧なんですよね。貴重な体験ですね。
ここまで不安もありましたし周りに迷惑もかけたと思います。アドバイスをもらえることもありました。他にも書ききれないくらい色々とありまして、やはり演劇って全員の協力のもとで成り立つんだなぁと常々実感しています。みなさんにはとてもお世話になりました。
役者として、そして演劇部の一員として、2017年冬公演に参加出来て本当に良かったです。ありがとうございます。

というのは千秋楽後に書くべきことだと思うので、前述数行だけ時間軸がズレているということにしてやってください。よろしくお願いします。


千秋楽。
明日が最後となれば、明日で出し切るしかない!
ここまで色々書きましたが、ぐっちゃぐちゃに考える必要も、ガチガチになる必要も無い。
あとは、全力を出すだけ、ですよね。
成功も失敗も関係なく、自分が満足できる締めくくりにします!
『自己満足』万歳ですね!!!


部員のみなさんと、支え応援してくださった方々、そしてお客様方に感謝して、後悔のないようにやり遂げたいと思います!!
いや!!!やります!!!!誓います!!!!!


では、しりとりの方へ。
「しりとりかなんかやってほしい!」というほかの方からの希望を聞いてからとはいえ、私のブログから始まったしりとりを千秋楽前にやるというのは、謎の感慨深さがありますね!笑
前回の刃さんがプレゼントということで、お誕生日おめでとうございました!
もうすぐクリスマスなので、また「トナカイ」に乗ったサンタさんからもプレゼントがもらえるかも知れませんね。え~~プレゼントほしいなぁ~~サンタさん来るといいなぁ~……_(:3」 ∠)_

それではまた明日、大集会室でお会い出来るのを楽しみにしています!是非お越ください( ´ω` )/


さぁ来い千秋楽!!
明日も笑顔で『お疲れ~』と言えますように!!

以上、まっくすでした(乂'ω')


月が綺麗ですね

おはにちばんは
刃です
寒さが突き刺さりすぎてつらいです、はい

昨日は本荘1日目でした、見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
色々とちったりやらかしたりと、役者陣に反省点は少なくないですが、楽しんでいただけたなら勝ったかな、と(なにに)
今日明日とまだまだ公演続きますので、皆様ぜひお越しください。

ま、ブログ書くの忘れてて二日目の本荘直前に書いてるんですけどね()

さて、今回の振りかえりをするとですね、総じて楽苦しかったですね。
実はこんだけ舞台にいる役やるのって久々でして、この冬は脳みそを炒めました。
一時ぐゎんぐゎんになってたかも(?)
それに、前のブログでも書きましたが、高二の時に1度やってるもんで、固定観念というかイメージがですね……なかなか拭えなかったわけですが、頼もしい演出や共演者たちによってなんとかやってこれました。
加えて、たくさんいる裏方のかわいい後輩達、装置作業を手伝ってくれた方々、ニヤニヤしながらちょいちょい来た同回ども、お手伝いして下さった先輩方、みんなのおかげで今回の舞台に立つことが出来ていると思います。

大学入ってから、なんと一年夏公演の「光陰」と後輩達の1stを除くと、他すべての公演で役をいただき、演ってきました。どっかで言ったかもしれませんね。
命に真剣に向き合う侍のお供をして神に立ち向かったことを覚えています。
裏町で出会った少女のためにがむしゃらにピーターパンになろうとしたことを覚えています。
騒がしくも楽しい兄妹たちとソーメンすすったことを覚えています。
物語に残るふせんとしてまた父として彼の人生を彩ったことを覚えています。
牢番として奴隷達4人に恐怖の象徴として接したことを覚えています。
バカ2人にツッコミを入れつつ呆れつつ合コンのためにと悩んだことを覚えています。
元気っ子代表的に二人の仲間と飛龍小を駆け回ったことを覚えています。

そして今回、楽しいから楽しいことを楽しんで仲間と一緒に遊びます。

3回生一人だけっていうのは正直ここにきても慣れていません。仕込み中など思わずお手伝いにきた同回に頼ろうとしてしまったりもしました。
でも、今回冬公演に参加出来て、それだけの時間をたまたま持っていて本当に良かったと思います。

やいばちゃん。
なんて、舐められてるんだか親しまれてるんだか分かりませんが、こうやって呼ばれることも気に入っています。
頼もしくかわいい後輩達に囲まれて(?)やってきてとても楽しかったです。


次は?って?
さあどうでしょう、まだ決めていません。
少なくとも、まずは目の前の「贋作マクベス」を。
最後まで駆け抜けようと思います。
僕らの冬をご覧あれ。


さあ、しりとり、「ぷ」?
「プレゼント」ですかね。
実は先日誕生日でした、演劇部の皆が祝ってくれて本当に幸せな誕生日だったと思います、ありがとうございました。

そんなわけで、マジで本番ド直前までブログ書いてたアホですが、今日もしっかり遊んでこようと思います。

笑かしてやるよ!!!

以上、刃でした。

何につけてもタイトルって困っちゃう

約ひと月ぶりですみっCです。

今回もまた、役者として舞台に立っています。

台本もらって、何しようかあれこれニヤニヤして、稽古して。やることは変わらないはずなのに、毎度毎度新しい発見があります。

今回も、稽古するうちに学んだことは山程。この前も、その前も、次も、またその次も。これが楽しいんですね。その度に次やりたいことの妄想が増えてゆきます。

今回もまた本番の足音が聞こえてきました。この音、僕は割と好きです。なんというか、これまでお世話になった人達の顔が浮かんでくるんですよね。それを思うと勇気が湧いてきます。

さぁ、今回も張りきってがんばんべ!!!

しりとりは「きっぷ」で。年末は移動が盛んな時期ですね。

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
2017年冬公演情報!
贋作マクベス
作・W.シェイクスピア
脚色:中屋敷法仁
演出:中村洸太
12月14日(木) 19:30
12月15日(金) 19:30
12月16日(土) 11:00
*開場は開演の30分前です
岡山大学大学会館2F
大集会室
観劇無料
上映時間は約1時間です
Twitter
連絡先
演劇部は随時部員を募集しています。
岡大演劇部へのお問い合わせは こちらまで
携帯版はこちら↓
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。